okameのブログ

2015年より紫斑病性腎炎のため透析導入となった透析患者の日記帳です。透析、育児、食事記録など

旅行透析での条件変更

※愚痴記事です

実家に帰省した際、母も透析を受けている病院で臨時透析を受けました。

実はこの病院、前回昨年の夏に臨時透析を受けた時も、なのですが。患者に一言の断りもなく、本来の条件よりもかなり悪い条件での透析をされました。HDFができなくてHDになるのはわかります、ないものは仕方がありませんし。該当条件のダイアライザーの用意がないのも仕方がないです、わかります。太い針がないのも。だから血流量が抑えられてしまうのも。でも、膜面積2.1㎡→1.5㎡、血流量300→200ってかなりの変更ではないですか?それを患者に一言もなくしれ~っとやろうとするのって、どうなんだろう…1.5㎡って…導入時の入院先でしか使ったことない…

前回は膜面積1.8㎡でした。血流量も200。気づきましたが、初めてのとろこだしなんだか言い出せなくてそのまま受けました。今回、もし一言もなくそういう変更があったら絶対に指摘してやろう、と意気込んでいたら、案の定。何も言われず始められてしまいそうだったので、しっかりと交渉しました。そうしたら、17Gの針は16Gにはしてもらえましたが(15Gは無いとのこと。これは仕方がありません)血流量は230しかとれない、と。補液量の関係で?モニャモニャ言っていましたが…補液量と血流量になにか関係があるのでしょうか。不勉強でわからなかったので、不本意ですが230で受けてきました。

臨時透析で条件が変わってしまうのはしかたがないけど、しれっと何も言わずにやられるのは嫌です。

 

この病院、とても古いんですよ。病院も中身も、きっと体質も。どのくらい古いかと言うと、

透析室のトイレが男女共用で和式で、それを改善せずよしとしているくらい

古いです……

ありえない!!!(-_-;)

透析室の雰囲気も看護師さんたちもなんだか……

でも、母はずっと通っている病院だからと、転院しない。いちどほかの…たとえは私が通っているクリニックで透析を受けてみれば、大きな大きな違いがわかると思うんですが。

清潔で柔らかい雰囲気のフロア、手元のリモコンで頭や足の動くベッド、活気のある医療関係者さんたち、患者によって条件を変えてくれる柔軟性、もちろん清潔なトイレも。おかげさまでありがたい条件で受けさせて頂いています。

あと駐車料金もとられませんし。

 

もう絶対にあの病院では受けません。

次に実家に行くことがあったら、他の病院を探します!

 

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 障がい者による育児へ
にほんブログ村