okameのブログ

2015年より紫斑病性腎炎のため透析導入となった透析患者の日記帳です。透析、育児、食事記録など

母のこと

以前から具合の悪かった母が、いよいよ透析になりそうだ。

もともと、去年、私よりも先にシャントを作っていた。それから約一年二ヶ月。シャントを作る前も六年か、七年か…もっとだったかな、保存期をがんばっていたが…

ここ最近は体がしんどい、しんどいと言っていた。すぐ疲れる、と。

私も母も原病は別々だ。私は(直接は)紫斑病性腎炎、母は生まれついての嚢胞腎。

母子で透析って。子が先で親が約一年後にあとを追ってって。

どういう因果なんだ?

 

母は保存期が長かったせいか、まだぐずぐずと先延ばしにしたいみたい。

いやもう検査結果の数値を聞くにしろ、疲れやすさや顔色の悪さをみるにしろ、透析を始めたほうが体がラクになりそうにみえる。時間をかけて透析になった方のブログや記事をみていると、そんな感じだし…

始めちゃったら戻れないけどさ。

 

先日も新幹線の距離を遊びに来てくれたばかりだった。

また遊びに来てよ。枕並べて透析しよう。